国道 Route.

 
国道160号

石川県 七尾市−富山県 高岡市

(その2 氷見市−高岡市)


 富山県に入ります。氷見市阿尾からはバイパス道路に入り、景色がガラリと変わります。高岡市四屋でR8に接続したところで終点です。

 

氷見市・脇〜阿尾

[石川県・富山県境界]


富山県氷見市に入ります。
カーブのところが県境なので、いきなり県境標識が出現するような感じです。

[氷見市脇]

[異常気象時通行規制区間]
「ここから5.7km区間
 連続雨量160
ミリ
 になると通行止」


再び異常気象時通行規制区間に入ります。

[七尾市中波]
この辺は道路改良がなされたのか、新しめのアスファルトで歩道も完備(?)です。

[七尾市中田]
道路を挟んで両側は民宿。

[七尾市姿]
七尾市姿から七尾市大境までの区間は、海岸線が急峻なためか、内陸寄りを走ります。

[七尾市大境]
大境付近からは再び海沿いに出ます。
縄文時代から中世までの複合期の遺跡である大境洞窟遺跡はここを左折したところ。

[灘浦トンネル]
灘浦トンネルをくぐります。
これまでとは違い、比較的新しそうなトンネルでした。

[上り坂]
上り坂です。
正面は、岩を切り通したような感じになっています。

[氷見グランドホテルマイアミ]
坂を上ると、突如巨大な建物が出現。
氷見グランドホテルマイアミの前を通過します。

なお、この辺から2.3kmは連続雨量140ミリで通行止になるとのこと。

[氷見市泊]

[藪田トンネル]
藪田トンネルにはいります。車道と歩道がガードレールで隔てられてはいますが、雀の涙とでもいうべき幅員です。

トンネル上部の銘板は、なぜか末尾が平仮名表記の「藪田とんねる」となっています。

[海峰小学校口交差点]
海峰小学校口交差点。
県道306号平阿尾線と交差します。

この辺から「氷見バイパス」の区間に入ります。

[阿尾交差点]
阿尾交差点。
県道18号氷見田鶴浜線と交差します。

この先、覆道のようなトンネルをくぐります。

 

七尾市・稲積〜小竹

[稲積交差点]
稲積交差点からは片側二車線の道路に変わります。
ここから終点の高岡市まではずっと片側二車線です。

[32kmキロポスト]

[幸町交差点]


幸町交差点。
国道415号と交差します。

道の駅「氷見」はここを左折方向。

[氷見トンネル]
氷見トンネルに入ります。
長さは106m。

[朝日丘交差点]
朝日丘交差点。
県道76号氷見惣領志雄線と交差します。

[氷見警察署前交差]
この辺からは郊外型の商業地という雰囲気が色濃くなります。

[窪交差点]
窪交差点。
県道361号五十里氷見線と交差します。

実はすぐ左側を国道415号が走っており、左折するとすぐ国道415号との交差点に出ます。この辺から国道415号は国道160号から離れるように南西へと方向を変え、富山市へと向かうのですが。

[氷見市柳田]

[下田子南交差点]
下田子南交差点。
ここで左斜め方向に接する道路がR160の旧道です。

[氷見市上田子]
高岡市の境界にかけては上り勾配となっています。

 

高岡市

[氷見市・高岡市境界]


緩やかな上り勾配を通過し、高岡市に入ります。

[高岡市東海老坂付近]

[西海老坂交差点]
西海老坂交差点で県道32号小矢部伏木港線と交差します。
この辺からは平野部です。

[長慶寺南交差点]
長慶寺南交差点。
県道57号高岡環状線が分岐します。

[四屋IC手前]


四屋ICの手前。
案内標識のように、インターチェンジ方式で国道8号に接続します。

[四屋IC]
四屋ICに到着です。ここが国道160号の終点。
左方向が国道8号新潟・富山市方面、直進すると国道8号京都・金沢市方面に入ります。
調査日:2011/5
 前へ(その1へ)
 戻る 
inserted by FC2 system