国道 Route.

 
国道159号

石川県・七尾市−石川県・金沢市

(その2 津幡町−かほく市)


 能登有料道路に接続する道路と分岐した後は、バイパス道路から普通の道路に変わります。

 

津幡町

[金沢市・津幡町境界]


金沢市から津幡町に入ります。
引き続き津幡バイパスを走っていきます。

[太田出口]
太田出口を通過します。

[南中条IC]
続いて南中条IC。
JR津幡駅への最寄りインターです。

[中須加出口]
中須加出口を通過します。

[中橋IC]
中橋IC。県道217号川尻津幡線に接続しています。
津幡バイパスは、「出口」だったり「IC」だったりと名称が混在しています。使い分けの基準があるんでしょうか??

[庄出口]
庄出口付近。
中橋ICからの流入車線が庄出口での流出車線にそのままつながっています。

この先、舟橋JCTで国道159号と国道8号が分岐するのですが、中央分離帯には
「七尾方面左へ」「高岡方面右へ」と案内標識が設置されています。

[舟橋JCT]


舟橋JCTで国道159号と国道8号が分岐します。
国道159号が本線でそのまま直進、国道8号が右側から分岐するというちょっと不思議な感じのJCT。

[舟橋出口手前]
舟橋JCTの高架橋の下をくぐります。
正面奥に見える分岐は舟橋出口。

[能瀬出口]
ここからは国道159号の単独区間にも戻ります。
能瀬出口を通過します。

 

かほく市

[津幡町・かほく市境界]


かほく市に入ります。旧河北郡の3町が2004年3月に合併してできた市です。ちなみに、ここからは金沢国道維持出張所から能登国道維持出張所の管理区間に変わります。

[内日角出口]
内日角(うちひすみ)出口。
国道159号は左側2車線を走って、側道に出ます。
中央寄りの1車線は、能登有料道路へと続きます。

[かほく市内日角]
側道のようなところに出まして、県道8号松任宇ノ木線と交差します。

[内日角北交差点]


内日角北交差点。国道159号はここで右へとカーブします。
津幡バイパスの区間はここまでです。

[かほく市外日角]
内日角北交差点の先は、少しの間だけ片側二車線ですが、すぐに車線が減少します。

[かほく市外日角]
二車線道路の末端部は、なぜかY字路のようなところになっており、国道159号は青看板の示すとおり右へと続きます。

左に入ると、すぐに行き止まりとなってしまうようですが…。

[秋浜交差点]
片側一車線の道路。
基本的に次の宝達志水町まではこんな景色が続きます。

[かほく市松浜付近]
左側に拡幅余地が見えます。
車線を広げる工事をしているようで、もう少し立つと一車線の幅にゆとりがある道路に変わるようです。

[木津交差点]
木津交差点。
車線が広くなる区間はここで終わります。

[かほく市高松付近]

[高松インター東交差点]
高松インター東交差点。
左折すると、能登有料道路の高松ICに出ます。

[高松郵便局前交差点]
高松郵便局前交差点の手前。
左折すると、JR七尾線の高松駅に出ます。
香川県にあるJR高松駅とは同じ名称です。

[県立看護大学前交差点手前]
県立看護大学前交差点。
左折すると、ここも能登有料道路に出ます。

[二ツ屋交差点]
二ツ屋交差点。道の駅高松へはここを左折です。
道の駅といっても、能登有料道路のSAを兼ねている施設だったりします。

[かほく市二ツ屋]
随所に旧街道っぽい風情を残す国道159号ですが、この先の宝達志水町からはバイパス道路に変わるため、ちょっと雰囲気が変わります。

このカーブを抜けて橋を渡ると、次の宝達志水町です。
調査日:2011/5
 前へ(その1へ)  次へ(その3へ)
 戻る 
inserted by FC2 system