Route.
国道108号

 〜 秋田県民御用達の仙台街道!? 〜
【起 点】 宮城県・石巻市
【終 点】 秋田県・由利本荘市
【延 長】 186.2km
(秋田県・矢島町)
【概 要】
 太平洋沿岸の宮城県石巻市から日本海沿岸の秋田県由利本荘市までを結ぶ横断国道。秋田県の人は、大都市仙台市に出るまで高速道路を使わず、この国道108号を使う傾向があります。通行料金は発生しないし、時間・距離の面でも高速道路とあまり大差ないです。
 路線としての経緯はちょっと複雑で、現行道路法に基づく国道指定されたときは「石巻市→古川市→酒田市」が「国道108号石巻酒田線」、「横手市→湯沢市→古川市」が「国道109号横手古川線」だったのですが、1963年に国道108号石巻酒田線のうち「古川市→酒田市」の部分が一級国道47号に昇格することになったため、残った横手市→湯沢市→古川市→石巻市の部分が新たに「国道108号石巻横手線」として改編されました。その後1970年に終点が横手市から本荘市に変更されることとなり、末端部のルートも「湯沢市→横手市」から「湯沢市→本荘市」に変更され、現在に至っています。
【内 容】
(その1 宮城県:石巻市−古川市)
 起点である石巻市から古川市(現大崎市)まで。あまり幹線国道という感じのない景色が続きます。
(その2 宮城県:鳴子町)
 古川市R4交点から鳴子町まではR47重複。ここからは鬼首峠区間に入りますが、現在は快走路です。
(その3 秋田県:雄勝町)
 秋田県に入ります。雄勝町でR13と交差します。
(その4 秋田県:鳥海町)

 少し狭路も残っていますが、一本道で走りやすいです。
(その5 秋田県:矢島町−本荘市)
 終点の本荘市。R107に出るところまでです。

 戻る
inserted by FC2 system