Route.
国道105号

 〜 秋田県の環状国道 〜
【起 点】 秋田県・本荘市
【終 点】 秋田県・鷹巣町
【延 長】 128.8km
(秋田県・森吉町)
【概 要】
 国道7号の本荘市街から、大曲市街を経て、鷹巣町の国道7号交点に至る国道です。秋田県の由利郡地域・仙北郡地域・北秋田郡地域を逆L字に結んでいる国道であり、さながら「秋田県の環状道路」といったルートをとります。
【内 容】
(その1:本荘市−大内町)
 起点から、旧郡界である矢立峠まで。
(その2:南外村−大曲市)
 仙北地域に入り、大曲市街を経て国道13号交点まで。
(その3:大曲市−西木村)
 大曲市街の国道13号交点から角館町地域を経て西木村地域まで。
(その4:阿仁町−鷹巣町)
 大覚野峠を越えて鷹巣町の国道7号交点で終点です。
(そのA:大曲西道路)
 秋田道・大曲ICと国道13号を一直線に結ぶバイパス道路。開通して間もない頃の調査です。

 戻る
inserted by FC2 system