Route.
国道103号

 〜 十和田ゴールドライン 〜
【起 点】 青森県・青森市
【終 点】 秋田県・大館市
【延 長】 133.6km
(十和田湖町・鳶橋)
【概 要】
 青森市から十和田湖畔を経て秋田県大館市に至る国道です。
 元は1953年に指定された二級国道103号十和田大館線なのですが、当時は起点が青森市でなく十和田村(後の十和田湖町、現在は十和田市に編入)でした。その後、1993年に起点が青森市に変更されて八甲田山を経由するルートとなり、現在の路線になりました。十和田湖・八甲田山・酸ヶ湯などなどの有名どころを巡る国道なのですが、1993年に国道に昇格した区間は狭路もかなり残されており、通行には少し注意が必要です。
【内 容】
(その1:大館市−鹿角市)
 大館市の国道7号交点から、鹿角市国道282号交点まで。
(その2:鹿角市−小坂町)
 鹿角市国道282号交点から県境まで。十和田湖に出ます。
(その3:十和田湖町)
 県境から十和田湖畔を巡り、笠松峠まで。
(その4:青森市)
 最後の市、青森市に入ります。市街地まではまだ遠い…。

 戻る
inserted by FC2 system