Route.
国道101号

 〜 青森能代線+α 〜
【起 点】 青森市
【終 点】 秋田市
【延 長】 212km
(青森県・深浦町)
【概 要】
 青森市と秋田市を日本海沿いに結ぶ国道です。
 明治時代の状況は未調査ですが、旧道路法時代の大正9年4月に「秋田県道能代鰺ヶ澤線」として県道認定された記録が見られます。その後、新道路法に基づ いて二級国道に昇格することとなり、青森・鰺ヶ沢間もあわせて昭和28年に二級国道青森能代線として指定され、路線番号101号が与えられました。そして 平成に入り、能代市−八竜町−若美町−男鹿市−天王町−秋田市(自治体名は全て当時のもの)の区間93kmが追加路線指定され、現在に至ります。
 青森市−能代市の区間は日本海側の景勝地を通過し、道も片側一車線が確保された快走路が続きますが、対して平成に入って追加路線指定された区間はいまで も意味不明なルート設定が残っています。特に男鹿市五里合一帯は、一般的な国道と同じような期待を胸に通過されないことをおすすめします。まさに迷宮ですから…。
【内 容】
(その1:秋田市−男鹿市)
 秋田市から男鹿市脇本まで。比較的快走できる区間です。
(その2:男鹿半島)
 男鹿市脇本から男鹿市箱井まで。男鹿半島を縦貫します。
(その3:男鹿市五里合)
 国道101号前半のハイライト。あなたは迷わずにトレースできますか??
 なお、2010/11の道路区域変更により、この区間は国道指定を解除されました。
(その4:若美町・八竜町)
 八郎潟の西側を走り、国道7号に出るまでです。
(その5:能代市−八森町)
 国道101号青森能代線として指定された本来の区間の始まり。
(その6:岩崎村−深浦町)
 青森県内に入ります。日本海沿いに走っていきます。
(その7:鰺ヶ沢町−柏村)
 海沿いの道路も鰺ヶ沢町まで。その先は津軽平野を横断します。
(その8:五所川原市−青森市)

 五所川原市街を走り、青森市旧浪岡町の国道7号交点まで。
※2008/11再調査
(番外編:2008年11月の男鹿市五里合)
 "その3"の調査から3年を経た迷路区間の様子です。少しは不案内も解消?
 なお、上記"その3"のとおり、2010/11をもって国道指定を解除されています。

 戻る
inserted by FC2 system